橋下知事、胡主席と会談へ・政治経済・芸能・スポーツ・国際・地域情報などなど、ニュースならなんでも取り扱っています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事、胡主席と会談へ


橋下徹・大阪府知事の7日の会見での主な発言は次の通り。

 【冒頭】
 改革プロジェクトチーム(PT)と各部局との公開議論も終了した。府の本来的な役割を考えさせられる議論も多かった。
 5月中旬、新たなコンプライアンス(法令順守)チームを立ち上げる。(問題を告発する)職員の通報手段として、従来の手紙にメールも追加する。通報者の秘密が絶対に守られることを職員に納得してもらう。

橋下徹知事、いろいろ動いていますね・・・
 【質疑】
 --コンプライアンスに抵触する案件はあるのか
 「現段階では公表を差し控えたい。調査結果はきちんと公表していく」
 --府民からの通報も受け付けないのか
 「府民からの疑問や通報は他の窓口でも受け付けているが、拡張する必要があれば検討していきたい」
 --今までの制度は不十分だったのか
 「職員へのPRが十分でなかった。コンプライアンス委員(弁護士2人)には、通報者が保護されることをPRしてほしい」
 --(9日に会談する)中国の胡錦涛国家主席とはどのような話を
 「外交問題は政府間で話をしていただく。関西では、どこの国とも、肩肘が張らないお付き合いをしていきたい」
 --市町村への補助金の見直しについての考えは
 「府が使い道の決まった補助金を市町村に渡して、府民生活をサポートする施策を一律に担う時代ではない。改革の第2段階として、見直しに取り組みたい」
 --府と市町村との事業の分担について、具体的なイメージはあるのか
 「市町村ができるものはどんどん渡していって、残ったものを府がやればいい。大阪の市町村は、基礎自治体としての能力がある。合併によって、権限移譲ができるだけの受け皿をつくることも考えていく」
 --府が進むべき方向をどう考えているか
 「府と市町村の役割をより明確にして、地方分権を徹底していきたい。やはり最後に必要なのは財源。地方交付税に頼らないようにやっていきたい」

まさに、府が進むべき方向、というのを、舵を取ってもらわなくてはならないですから、

もう橋下知事の手腕にかかっているといって過言でもないでしょう。

大阪府の財政難はとてつもないとのことですが、府が財政難になっても府民が活性化するなら、それはそれで良いとも感じますね。

なにかと逆風もあろうかとは思いますが、頑張ってもらいたいものです。

(引用:iza!
Copyright © ニュースなんでもブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。