向井亜紀さん夫妻会見 最高裁決定後初めて感想を述べる・政治経済・芸能・スポーツ・国際・地域情報などなど、ニュースならなんでも取り扱っています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向井亜紀さん夫妻会見 最高裁決定後初めて感想を述べる


 タレントの向井亜紀さん(42)と元プロレスラーの高田延彦さん(45)夫妻は11日、東京都内で記者会見し、米国での代理出産でもうけた双子(3)の出生届の不受理処分が確定した3月の最高裁決定について、初めて公式の場で感想を語った。

この決定は、いろいろな問題を含んでいるので、なんともですね・・・
 向井さんは最高裁決定までの道のりを「時間と労力とお金をかけたスケールの大きな社会科見学だった」と振り返った上で、「この経験が生殖補助医療の立法にプラスになれば」と、いつもの明るい笑顔で語った。
 最高裁決定について向井さんは「決定文を何回も読んだが、正直がっかりし怒りも覚えた。子宮の働きを持たない女性の救済の道はないのかと思った」と感想を語った。
 米国籍の双子は現在、「保護者同居人が日本人である」との在留資格で生活。最高裁決定後、東京法務局からは11日を期限に、父親を高田さん、母親を代理母の米国人女性とする出生届を提出すれば、日本国籍とするとの連絡があったという。
 これについて、向井さんは「(代理母とは)母としての権利も義務も放棄したとの契約を交わしており、その約束を破ることになる」などとして出生届の提出を見送ったほか、特別養子縁組制度も代理母を実の母親として手続きを進める必要があるため、当面は活用しない方針を表明した。
 向井さんは「親子とは認められなかったが、自称・家族として暮らせることは幸せ。この経験が生殖補助医療の立法にプラスになればと思う」と締めくくった。
 また、高田さんは出生届の受理を命じた東京高裁決定に触れ、「われわれが死ぬまでの宝物」とした上で、「(双子は)魂を込めて全力で育て、優しく礼儀正しい人間になるよう守っていきたい」と決意を新たにしていた。

最高裁の決定としては、今回は仕方ないでしょうね。

ただこの先もこのような問題は起きるはずですから、これからはまた変わっていくかもしれません。

そのときには、今回のことがきっかけとなっていることは間違いありませんね。

(引用:iza!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。