ベッキーが農薬ヨーグルト混入認める・政治経済・芸能・スポーツ・国際・地域情報などなど、ニュースならなんでも取り扱っています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッキーが農薬ヨーグルト混入認める


 千葉県九十九里町の知人を毒殺しようとしたとして殺人未遂容疑で逮捕されたレストラン経営、萩野ベッキー容疑者(55)が、「農薬をヨーグルト飲料に混ぜた」と混入を認める供述をしていることが分かった。「殺すつもりはなかった」などと殺意は否認しており、県警捜査1課などはさらに動機などを追及する。

レストラン経営者が農薬を混ぜるというのは、どういうことなんでしょうか。飲食店を経営するなら、その怖さがわかるはずだと思うのですが。
 調べでは、萩野容疑者は06年8月4日、知人女性(63)に頼み、農業用殺虫剤「メソミル」を混入したヨーグルト飲料4個などを知人の男性(55)方に届けさせた疑い。飲んだ男性と娘2人は軽症だったが、1本飲むと致死量を超える混入もあった。
 男性は06年1月、萩野容疑者を相手取り「通帳やキャッシュカードを盗まれ、勝手に金を引き出された」などと約950万円の損害賠償を求めて千葉地裁八日市場支部に提訴。同課などは、金銭や訴訟を巡るトラブルが事件の背景にあったとみている。

う~ん、持って行った知人女性というのも、農薬のことを知っていたのでしょうか。

50代、60代というともう落ち着いてるのではと思うのですが、そういうわけでもなさそうですね。

(引用:Yahoo!ニュース
Copyright © ニュースなんでもブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。