停車を忘れた特急運転手・政治経済・芸能・スポーツ・国際・地域情報などなど、ニュースならなんでも取り扱っています。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停車を忘れた特急運転手


 10日午後0時25分ごろ、埼玉県本庄市のJR高崎線本庄駅で、同駅に停車予定の上野発長野原草津口行き臨時特急「草津83号」(7両)がホームを通過し、約450メートル先で非常停止した。乗客約360人にけがはなかった。

450メートルってかなりの距離ですね。
 JR東日本高崎支社によると、男性運転士(36)は「止まるのを忘れていた」と話しており、通過に気づいた車掌が列車最後尾の非常ブレーキで停止させた。

 列車は引き返さず、21分後に運転再開。同駅で降車予定だった乗客1人は臨時停車した次の駅で降りて引き返し、本庄駅からの乗客はなかった。影響で上下5本が遅れ、約2300人に影響した。

さすがに450メートルも過ぎていたら、引き返せなかったのですね。
しかし車掌もびっくりしたことでしょう。

(引用:ライブドアニュース
Copyright © ニュースなんでもブログ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。